Pocket

賃貸経営者の悩み・課題として、常に上位にランクインされるのが、「空室対策」です。

賃貸経営者は入居率を高めるために様々な施策を打ち、日々努力しています。

目の前の空室を埋めたいがために、あの手この手で対策をしていますが、私たちは最も大切なことを忘れがちです。

入居付けに強い、管理会社に委託して常に満室経営を実現することも大切ですが、それ以上に大切なこととして、私は「大家さんの人柄」ではないかと思います。

大家さんが “いい人” だと、長期入居者が増える!?

個人的な主観も交えてお伝えしますが、大家さんが「いい人」だと、長期的な入居に繋がると思います。

誤解を恐れず言うと、部屋の間取りや設備が古く、俗に言う「オンボロ物件」だとしても、大家さんとのコミュニケーションがきちんと取れているだけで、居心地が良かったりします。

このようなことは、普段の生活で経験されていることだと思います。

多少の設備の不具合やトラブルがあっても、コミュニケーションさえ取れていればどうってことはありません。入居者側も何かあればすぐに指摘してくるでしょう。そうやって円滑にコミュニケーションを取ることで、不満が溜まりにくい状況になり長期的な入居に繋がるのです。

大家とのコミュニケーションが一切ないとどうなる!?

逆に、コミュニケーションが一切取れていない場合どうなるでしょうか。

入居者はトラブルがあった際も、事務的な対応になりがちで、小さなトラブルが発生する度に、それが不満となり少しずつ溜まっていきます。

当然、感情的な依存は一切ないので、契約更新の際に退去という形に繋がりやすくなります。

もちろん、退去の理由は様々です。転勤や、結婚、家族が増えて部屋が狭くなる、これらの理由であれば致し方ないのですが、引っ越しの理由が「なんとなく」「現状の物件に不満がある」という理由で似たような条件の部屋に引っ越す人も一定数います。

これらの層をいかにして取り囲むかは、大家さんと入居者のコミュニケーションにかかっているといっても過言ではありません。

賃貸管理会社と入居者のコミュニケーション

賃貸管理会社においても同様です。入居者としっかりコミュニケーションを取るべきです。

定期巡回の際に、入居者とすれ違った際には挨拶を交わし、一言二言他愛もない会話を交わすだけでも相手の心象は全く変わってくるでしょう。

賃貸マンション、アパートの入居者は日中不在になりがちです。

コミュニケーションを取る機会が減ってきますが、メール、LINE、掲示物などの定期更新を通じて、情報を発信していくことも大切です。

コミュニケーションはコスパのいい空室対策

コミュニケーションがきちんと取れていて、いい大家さん、いい管理会社だと認知されれば、特別な事情(転勤、結婚、出産など)がない限り、入居者が退去する機会は減ってきます。

普段から入居者と会話を交わすことで、不用意な退去者を減らし、効率のいい賃貸経営ができます。

特別なコストがかかるわけでもありませんし、大家さん、管理会社の担当者一人ひとりの意識一つで今日からできる対策です。

小さなことの積み重ねであり、短期的な効果は見えづらいですが、長期入居者の比率が上がり、効率のいい賃貸経営が実現できるでしょう。

一度、入居者とのコミュニケーションを見直してみてはいかがでしょうか。